Tranzoo

 site est. 2022

メニュー

The Appeal of Monochrome Photography

Introduction

Black and White Photography Captures the Soul.

“Monochrome photography captures the soul”:
This phrase is said to have been proposed by the photographer Henri Cartier-Bresson in the 1930s.
Cartier-Bresson believed that monochrome photography could capture the essence and inner world of the subject, and expressed this by saying “Monochrome photography captures the soul.”
He referred to capturing the decisive moment as the “Decisive Moment,” and emphasized the importance of expressing such critical moments through monochrome.

My Origins in Monochrome Photography.

Cartier-Bresson’s words have become widely known in the photography world as succinctly expressing the unique expressiveness and charm of monochrome photography. I believe this phrase continues to reflect the creativity and philosophy of photographers who pursue monochrome expression. Encountering this phrase and the diverse works imbued with rich creativity by Cartier-Bresson has also become the origin of my photographic journey.

The Allure of Monochrome Photography

Capturing the beauty of light and shadow in a single tone

Monochrome photography is an artistic expression that uses a grayscale range instead of color. By capturing the beauty of light and shadow in a single tone, it can create a dramatic and timeless effect that impresses the viewer’s consciousness with the form, texture, and emotion of the subject.
In other words, by removing color, the essential elements of the scene can be brought into sharper focus and highlighted.

By adjusting the camera settings to vary the contrast and tone range, an impressive visual impact can be achieved by making the most of the dynamic range from pure white to pure black. Depending on the lighting and subject, monochrome can express nostalgia, mystery, elegance, and drama.

Capturing the inner world of the human being

Additionally, by accentuating the contrast, texture, form, and light of the subject, it is possible to capture the inner world of the human being.
By simplifying and abstracting reality or emphasizing certain aspects or emotions, the core of the complex reality can be conveyed.
In other words, monochrome photography requires the integrative imagination and ideas to bring together the essential elements of light, shadow, form, and texture, as color has been stripped away. The chemistry between these elements and one’s experience can create works that touch the hearts of people.

What I Aim to Express Through Monochrome Photography

Monochrome photography holds great potential as a medium for artistic expression, but what should I convey? I would like to consider this familiar theme next.

About Emotion and Interiority

The phrase “capturing the soul” suggests that monochrome photography has a unique ability to reveal the subject’s inner emotional life, feelings, and deeper psychological realities. Photographers can use this medium to depict more intimate and subtle aspects of the human experience.

This applies not only to human subjects but also when photographing buildings or urban corners. When photographing a memorable building or street corner with personal significance, the photographer would likely have a particular angle or time of day that they are drawn to, unlike when shooting an entirely unfamiliar structure. In this way, the photographer reflects their own life experiences through the captured building, transcending the flow of time.

Timeless Universality

I just used the phrase “transcending the flow of time.” By eliminating color, monochrome imagery can transcend specific times and places, even evoking a sense of timelessness that transcends eras. The common use of monochrome flashback sequences in film credits is an example of the effect of monochrome expression. The viewer can ruminate on the long story, connect with universal and archetypal elements, and have their emotions impressed more deeply in their mind.

Simplicity and Essence

Abstract Concept

Essentially, monochrome photography expresses reality through gradations of neutral gray tones. In other words, it is not a faithful reproduction of the world, but an abstract expressive technique that simplifies different colors into varying shades of the same color.

The key here is that by removing the clutter of color, the essence of the subject can be revealed. I have only recently begun to understand the meaning of capturing the essence of the subject.

Details and the Whole

It is important to focus on the basic form, texture, and overall structure to draw out the essence of the subject. However, one tends to get caught up in the elements of form, texture, and details. For example, the city is filled with concrete, glass, and many people – elements that may seem impersonal. But if you look closely, you’ll realize that every element in the infinite reality is filled with individuality. However, if you emphasize the details, you may lose sight of the clear overall picture. The outside world can surpass the chaos of the photographer’s inner world, revealing something far more abundant and dynamic.

Discernment

How do we harmonize these conflicting elements of details and the whole, and simply present the essence? By subtraction from the component elements of reality, how do we assert the essence within the limited frame (viewfinder)? Simplification is the key to grasping the essence. This momentary act links to the “shutter click” as an instinctive yet calm judgment.
I believe it is necessary to discern whether the image will be effectively fixed by light and shadow, black and white.

The Courage of Subtraction

In an extremely close relationship, it may be possible to share the chaos inherent in each other’s inner worlds. But daily life sharing such chaos can easily become a burden. What I’m trying to say is that self-expressive photographic expression may attract passionate fans, but it becomes difficult to maintain long-term empathy. The viewer gets tired of the murky, autobiographical world. To put it bluntly, this becomes an additive world. The earlier mention of the accumulation of details can also be replaced by this term of addition.
For example, would I capture the wide landscape at sunset or the long shadow stretching at my feet?
From the perspective of light and shadow – monochrome expression, I would unhesitatingly point my lens at the latter.
The chaos of the inner world tends to fall into an additive mode of expression.
I should strive to clarify the subject as much as possible, sharpen the edges, and simply overlay with light and shadow. Perhaps learning from the surrealistic aesthetics seen in the paintings of Giorgio de Chirico could be the work of monochrome photography.

Conclusion

Artistry and Poetics

I have expressed several ideas about the essence of monochrome photography. Summarizing them, I hope that for me, monochrome photography is not just a means of documentation, but a medium for a more poetic and artistic exploration based on human experience.

In general, the aesthetics of monochrome go beyond just physical expression. It seems particularly suited to conveying the quality of the human eye that experiences emotion. Through the aesthetics of monochrome, photographers can ponder the nature of the human eye and evoke deeper truths.

photography

地下鉄出口
Subway Exit.Yokohama
9,July 2024
[Equipment]
📷LUMIX-DC-S1 + LUMIX-S-PRO, 1:1.4/50mm, SS:1/125,f5.6,ISO:5000
天空庭園、池尻大橋、東京
sky garden – Ikejiriohashi
日の出前、ブルーアワーでのカラーの群生
大桟橋 ウッドデッキ

はじめに

「モノクローム写真は魂を撮る」
この言葉は1930年代に写真家のアンリ・カルティエ=ブレッソンによって提唱されたと伝えられています。
カルティエ=ブレッソンは、モノクロ写真が被写体の本質や内面を捉えることができると考え、「モノクローム写真は魂を撮る」と表現したのでしょう。
彼は、瞬間を捉えることを「決定的瞬間」と呼び、そうした大切な瞬間をモノクロームで表現することの重要性を説いていました。

私とモノクローム写真との原点

カルティエ=ブレッソンのこの言葉は、モノクロ写真がもつ独特の表現力や魅力を端的に示すものとして、写真界で広く知られるようになりました。この言葉はモノクローム表現を追求する上で、写真家たちの創造性と哲学を反映した重要な言葉として生き続けていると思います。私もまたこの言葉と創造性豊かな想いが込められたカルティエ=ブレッソンの作品に出会ったことが、写真人生の原点にもなりました。

モノクローム写真の魅力について

光と影の美しさを単色で捉える


モノクローム写真とは、色彩の代わりに濃淡のあるグレー階調を用いた芸術表現です。光と影の美しさを単色で捉えることにより、見る人の意識を被写体の形、質感、感情に焼き付ける、ドラマチックで時間を超えた効果を生み出すことが可能です。
つまり色を取り除くことでシーンの本質的な要素を際立たせ、焦点を絞り込むことになるからです。

カメラの設定を変えてコントラストやトーンレンジを変化させ、純白から純黒までのダイナミックレンジを生かすことにより印象的な視覚的インパクトを与えることができます。照明や被写体によって、ノスタルジー、ミステリー、エレガンス、ドラマティックな表現することができます。

人間の内面世界を写し撮る

また、被写体のコントラスト、質感、形、光を際立たせることによって、人間の内面世界を写し撮ることも可能でしょう。
現実を単純化・抽象化したり、特定の側面や感情を単純化することにより、逆に複雑な核心に迫ることになるわけです。
それは決して簡単なことではないでしょう。色彩を削ぎ落とした分、光、影、形態、テクスチャーといった核心的な要素を統合する想像力と発想が必要だからです。それらの要素と経験値が化学反応を起こし、人々の心を揺さぶる作品が生まれるのではないかと考えています。

モノクローム写真によって伝えたいこと

芸術表現の手段として大きな可能性を秘めているモノクローム写真です。では自分はなにを伝えるべきか?次にこのことについて考えてみようと思います。

感情と内面性について

「魂をとらえる」という言葉は、モノクローム写真には、被写体の内面的な感情生活、感情、より深い心理的現実を明らかにするユニークな能力があることを示唆しています。写真家はこのメディアを使って、人間の経験のより親密で微妙な側面を描写することができます。
このことは人間という被写体を離れ、建造物や都市の一角を撮影する場合でも同様です。写真家にとって掛け替えのない思い出や経験がある建物や街角などを撮影する場合、全く未知の建物を撮影する場合とは異なり、画角の撮り方や撮影する時間帯にも拘りがあるはずです。つまり写真家はその建造物を通して自己の人生を時の流れを超えて映し込んでいることになります。

時空を超えた普遍性ということ

今、「時の流れを超えて」という言葉を使いました。色彩を排除することでモノクロームのイメージはは時間や場所の特定を超越し、さらには時代を超越した感覚を生み出すことさえ可能です。映画のエンドロールで流れることの多いモノクロームによるフラッシュバック表現、これはモノクローム表現による効果の一例です。見る者は長いストーリーを反芻し、普遍的で原型的な要素に触れ、感動をより深いものとして脳裏に刻むことにもなるかもしれません。

シンプルさと本質

抽象的な概念

モノクローム写真は基本的には現実をニュートラルグレーの濃淡で表現します。つまり世界を忠実に再現したものではなく、同じ色の異なる色調で異なる色を単純化して表現する抽象的な表現手法だということです。
ここで重要なことは、色の雑念を取り除くことで被写体の本質を明らかにするということです。私は最近になってようやく被写体の本質を撮影するという意味が理解できるようになってきました。

ディティールと全体

被写体の本質を引き出すために基本的な形、質感、全体的な構造に注意を凝らす。これは大切だ。しかい往々にして形や質感、ディティール要素に注意が向いてしまう。例えば都会はコンクリートとガラス多くの人間で充満しています。無個性とも思われるすべての要素に満ちている。だがそうだろうか?よく見ると♾️とも言える現実世界のすべての要素は個性で溢れている。だがそれらのディティールを重視していると明確な全体像を見失いかねない。外界の世界は写真家の内面のカオスを凌駕し、はるかに豊穣でダイナミックなことに気付かされる。

嗅ぎ分ける

このディティールと全体像という相反する要素をどのように調和させ、切り取りその本質をシンプルに見せるべきか。現実世界の構成要素から引き算をして限られたフレーム(ファインダー)内でどのように主張させるか。単純化によって本質を掴み出す。一瞬の行為は動物的に、しかし冷静な判断として「シャッターを切る」という行為につながるわけです。
光と影、白と黒によってイメージが’定着でくるか否かを嗅ぎ分ける必要があると考えています。

引き算の勇気

きわめて近しい関係であればそれぞれが内面が抱えているカオスを共有することは可能かもしれない。しかしカオスを共有しての日常はやがて重荷に陥りやすい。何を言おうとしているのかというと、自己の内面世界を押し出した写真表現は熱烈なファンを獲得できるかもしれないが、長く共感を得ることは難しくなる。ドロドロとした私小説世界に、見る側は疲れてしまうのだ。乱暴な言い方をあえてすると、これは足し算の世界になる。先ほどのディティールの集合体というはこの足し算という言葉に置き換えることも可能だろう。
例えば日没の広い景色を捉えるか、足元に長く伸びた影を捉えるか。
光と影-モノクローム表現という観点に立った場合、私は迷わず後者にレンズを向けるだろう。
内面世界のカオス=足し算としての表現に陥りやすい。
目の前の光景を可能な限り主題を明確化し、エッジを鮮明にして光と影でしシンプルに上書きする。ジョルジョ・デ・キリコの絵画に見られるようなシュールレアリズム的な美学に学ぶことがモノクローム写真としての仕事ということになるのではないだろうか。

まとめ

芸術性と詩学

モノクローム写真の本質についていくつかの考えを述べてきました。それらをまとめてみると私にとってモノクローム写真は単なる記録ではなく、人間の経験に基づいたより詩的で芸術的な探求のための媒体として使用できるのではないかと願っています。
概してモノクロームの美学は単に物理的な表現にとどまらない。人間が持っている感動するという特質を伝えるのに適しているように思えてならない。写真家たちはモノクロームの美学をとおして人間とは何かということについて思いを巡らせ、より深い真理を呼び起こすことができるようになるのではなかと思うわけです。